山之内流 環境認識とは?なぜ大切か?

山之内流
環境認識とは?なぜ大切か?

 

 

 

 

こんにちは山之内です。

今回は環境認識がなぜ大事なのか、
そして環境認識があることでトレードが変わってくるのか。
というお話をしていきたいと思います。

まず環境認識ですが、いつもお話ししている、どの通貨がどのようになっている。とか、
例えば上向きになっているのでロングです。等々いろんなことを言っているかと思いますが、
実は相場には3つしかありません。

  • 「上昇トレンド」
  • 「下降トレンド」
  • 「持ち合い」

の3種類です。

トレードに関しては、

  • 買い
  • 「売り」
  • 「何もしない」

の3つの選択肢があります。

環境認識をすることによってどう変わるのかと言いますと、やたらめったにエントリーをしてしまうということがなくなります。

私も昔、勉強していたころは、お金を入れては入れては失くしていた時代も長いことありました。
そういう時こそ買うか売るかをしたいという思いが強かったです。

では、何をきっかけに勝てるようになったのかというと、環境認識を正しくする。ということです。
今上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか、それとも何もしない持ち合いなのか。という何もしない第三のエントリーボタンを押せるようになりました。

もちろんMT4ないしはチャートソフトにはbuy、sellの買いか売りかのボタンしかりませんので、ノーエントリーというボタンは無いのですが、心の中でノーエントリーというボタンを押せる。ということが環境認識の大切さなのかなと思います。

もちろんこれに関しては、トレードの勝ちの数だけ考え方がある。勝ちの数だけ手法があると思いますので、一概に私の第三のエントリーをするのが環境認識。だという見解が正解かどうかはわかりませんが、私の中では正解だと思っております。

ですので、通貨を見まわしてどの通貨が強いのか、弱いのか。それによってどの通貨ペアが上昇トレンドなのか、下降トレンドなのか。
それともどの通貨も強くも弱くもないハッキリしない、流れが綺麗じゃない。なのか…
そう思ったらすぐに第三のエントリーです。

心の中でノーエントリーというボタンを押して、今日はチャートを閉じて終了。というのが一番大切な環境認識の考え方なのではないのかなと思います。

今回は音声のみになりましたが、今後もいろんなお話をしていきたいと思います。