ローソク足について

 

山之内流
ローソク足についての解説

こんにちは。山之内です。
今回はローソク足について皆さんと一緒に勉強していきたいと思います。
長くなると飽きてしまいますので、要点だけ抑えてお話していきたいと思います!

ローソク足って何だろう?

ローソク足とは?
ローソク足とは相場の値動きを時系列に沿い図表として表示する手法の一つで
表示される形状がローソクに似ていることからローソク足と呼ばれています。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ローソク足とは日本で生まれたテクニカル指標です。
ローソク足は相場の強弱=モメンタムというものを推し量るにとても効果的と言われていますし、私もそうだと思います。
例えば1時間のローソク足だと1時間。週足のローソク足だと1週間。その一定期間内の相場の動きというものを記録しており、情報量が非常に多い、見やすいというのが特徴です。
ご存じの方にとっては今さらかと思いますが、ローソク足というのは

リアルタイムで値動きを表示する過去の値動きを簡単に表すことが出来る。

この二点においてはほかのどのインジケータよりも素晴らしいのではないかと思います。
このローソク足を観察するというのが非常に重要だと私は思っています。
陽線であれば赤、陰線であれば青。
国内のFXの口座でしたら、恐らくこのような配色になっているのではないでしょうか。
「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値段があります。これを四本値と言います。
この中で一番大事なのは終値だと私は思っています。
移動平均線もローソク足の終値を基準に算出されています。
代表的なインジケータでいうと、移動平均線など、すべてクローズが適用の数値となっています。

ではなぜ終値が重要なのか?
少し踏み込んだお話をしていきます。
高値、安値というのは、多くのトレーダーがそれをOKしなかった。
つまり、「その値段は高すぎる。」「その値段は安すぎる。」ということで、付いた値段。
高値というのは、「ここは高すぎるから売った方が良い。」と考えたトレーダーが多かったというところがあり、逆を言えば、安値の場合「買った方が良い。」と考えたトレーダーが多かったという証拠です。
もちろん、「売りの決済があった」「買いの決済があった」等もありますが、それは一度置いておきます。

では、始値とは何でしょう?
1時間足であれば1時間のスタート時点で、「この価格で買いたい。」もしくは、「売りたい。」と考えたトレーダーが一定数居たという証拠になります。
もし始値で、すべてのトレーダーが買いも売りもしなかった場合は、ローソク足というものも生まれないということになります。
そしてこの四本値の中で、たったひとつ終値というものだけが、参加しているトレーダーの中で誰も売りも買いもしなかったという値段になります。
つまり、その大多数のトレーダーによってOKされた値段だからこそ終値が最も重要視されると言われています。
では、そのローソク足を観察するときに大事なポイントというのは、大きく分けて2つ。
「陽線及び陰線の数」もしくは「ヒゲ」
それでは順番に解説していきます。

陽線と陰線の数

 

陽線陰線とは?
陽線 始値よりも終値が高いローソク
陰線 終値が始値よりも低いローソク

見落としがちなのですが、典型的なパーフェクトオーダー(上昇トレンド)においては、陰線の数が多いはずがないのです。
つまり、陽線の数が多い上昇トレンドは買いの相場。
陰線の数が多ければ、売りの相場。つまり下降トレンドとなります。

ローソク足のヒゲとは?

1本のローソク足が形成される間の値動きのサンプルのようなものを表しています。
1時間足であれば1時間。日足であれば1日に、一旦は高値を付けたが、押し戻された。
というのが、ヒゲの現れ方になります。

このことから高値安値というのは抵抗のポイントとして機能することが非常に多いです。
例えば週足四本値のうち、高値と安値はヒゲの先端に置きます。

そのラインでのブレイク、もしくは反転というのが明確なエントリーの基準となっていると思います。
上下を問わずヒゲの長さというのは極めて重要な情報を教えてくれます。
長ければ長いほど、そこで買い戻された。抵抗勢力が非常に大きかった。ということを表します。
特に天井圏での長い上ヒゲ。底値での長い下ヒゲ。というのは、トレンド転換のサインとなりやすいです。
ピンバーと呼ばれるものですが、こちらはまた別の機会にお話ししますね。

天井圏で出現した上ヒゲは「抵抗帯」下ヒゲは「支持帯」いわゆるレジスタンスサポートと言われたりもしていますね。
これは多くの相場の参加者、市場参加者によって、そこは無理だと思った価格帯だということです。

もちろん、そこでヒゲが出たからと言って、トレンド転換を狙ってエントリーするというのは、ちょっと考えが早いかなと思います。
そこで、移動平均線や水平線、もちろんフィボナッチリトレースメントなど、様々なものをお使いいただくかと思いますが、併せて考えていくのがよろしいかと思います。

酒田五法って使えるの?

酒田五法とは?
坂田五法は日本古来の罫線の中でも最も古典的で、罫線分析の基本としてとても有名な手法です。
酒田五法では、三山(さんざん)三川(さんせん)三空(さんくう)三兵(さんぺい)三法(さんぽう)という5個のチャートパターンが基本になっています。

よくお聞きしますね。「包み線は買い」など。
これは私なりの回答を言いますと、「使えるときもあるし使えない時もある」と言えます。
曖昧な答えにはなってしまいますが、正直言ってあてにならないと考えた方が良いかもしれません。
なぜなら、ローソク足の並びのパターンというのはどうしても、後付けになってしまいます。
完成したチャート上で、この並びの時は上がります、下がりますというのは後付けの根拠なのかなと思います。

酒田五法というものがFXではうまく使えないというのはまた別の理由もありますが、その理由に関しては通貨ペアという言葉がキーワードになります。

酒田五法を知識として学ぶことは悪くはないですが、過度の期待や信頼は置かない方がよろしいのではないのかなと思います。

以上が私のローソク足の見解、理解になります。
今後とも一緒に勉強していけたら幸いです。

外貨革命 プロジェクト 山之内 悠